骨盤を立てるとは…

こんにちは!

ストレッチヒーロー米子店です。

   

「座り姿勢、骨盤が後ろに傾き背中が丸くなってしまう…。」

「骨盤を立てる感覚が分からない…。」

「骨盤の歪みが気になる…。」

   

骨盤を立てるということは、本来の位置に持っていくということです。

私たちの体のバランスを保っているのは骨盤であり、歪んだり傾いてしまうと…

・姿勢が悪くなる

・疲れやすくなる

・足の長さが変わる

・むくみや冷え

・太りやすい体型(下半身太り)

このような、体のいたるところに支障を及ぼしてしまいます。

   

《骨盤の傾き》

   

・前傾 → お腹が前方につきでており、重心が前に移動してしまい

      倒れないように背中の筋肉を使ってバランスをとっている

      状態。

     (弱い筋肉)腹筋、ももの裏側

     (硬い筋肉)背筋、ももの前側

   

・後傾 → お尻が落ちてしまい、姿勢を保持するために上半身が丸まり

      頭が前につきだした状態。

     (弱い筋肉)背筋、ももの前側

     (硬い筋肉)腹筋、ももの裏側

   

《ストレッチ》

骨盤を立てられない人は、筋肉の衰えによって体を支えられなくなっている場合もあります。

   

~骨盤が前傾している場合~

・大腿四頭筋(もも前)

・腸腰筋(深腹筋)

・腹斜筋(脇腹)

   

~骨盤が後傾している場合~

・ハムストリングス(もも裏)

・広背筋、脊柱起立筋(背中)

・お腹

   

この部分のストレッチを入念に行ないましょう(^^)/

   

《座り姿勢での骨盤を立てるポイント》

   

・椅子に深く座る

・坐骨の位置(骨盤の一番下に位置する。先端の骨)

 左右均等に当たるように座る

・肩、膝は水平に

   

~おすすめ~

背筋を伸ばして座ることを意識するために「クッション」がおすすめです。

クッションを使用することによって、背骨をまっすぐにする癖をつけ、自然に骨盤が正しい位置に置かれるようにサポートをしてくれます。

座り姿勢を矯正するクッションもありますね(^^)/

   

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP